スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

大河ドラマと歴史

昨日は、大河ドラマ「平清盛」の日でした。
昨日も、ドキドキしながら
テレビに釘付け


近頃は、大河ドラマ好きのお友達の影響で
歴史というもの事態に、大変興味が湧いてきて・・・



例えば、視点を変えてみると、
教科書で習った歴史と、全然、違った解釈があったり・・

その時代に、その出来事を記録した(本にした)人の
主観や、利害関係で、真逆の解釈があったりするんですね。


例えば、こんなこと、教えてもらってびっくり!

前田利家のこと・・fo-h3-01.gif


加賀百万石の大名として、地元金沢では有名ですよね
百万石祭とかあったりして

以前「利家とまつ」ってタイトルの大河ドラマにもなりました。

彼は、自分の上司に当たる柴田勝家の一員として参加した
賤ケ岳の合戦で、敵方の羽柴秀吉に寝返ります。

でも、後世になって、前田利家を裏切り者とは、
だれも呼ばないですよね。

なぜ~?なぜ~?

それは、当時、その様子を書いた物語「太閤記」の著者は
尾瀬甫庵という医者でしたが、
彼は、江戸時代、前田家の保護のもとで
その物語を書いたんです。

当時は、今と違い
出版社なんてなかったので、作家にはパトロンが必要だったんです。

つまり、前田家がパトロン!

お金を出したもらってるパトロンを
悪くかけるわけないですよね。

だから、「太閤記」では、前田利家は
柴田勝家を裏切ったのではなく、
羽柴秀吉との友情を取った!となるんです。


いつの世も、勝ち残ったものが、歴史を伝えるから
それが、正しい歴史かどうかはわからないですね。

けっこう違ってるところも多いかも~。

色んな角度から、歴史って検証する面白さがあるんです。
いろいろ、想像すると、楽しいですね。

そして、新しい歴史小説を、頭の中で描いてみたりするのも
ワクワクしてきます。
  ani_basic.gif
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

かずりん

Author:かずりん
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。